MENU

VOICE お客様の声

やりたいことをやれるのがセルコホームだったんです。

001

岐阜県大垣市 N様邸
家族構成 ご夫婦(30代)+お子様(2歳)

こだわりの家が完成して暮らし始めたばかりのNご夫妻。なぜセルコホームで家を建てることにしたのか、実際に暮らしてみてどんなことを感じるのかなど、家づくりの思い出を振り返りながらお話しを伺ってみました。

やりたいことを実現しながら、安心して暮らせる家がセルコホームでした。

奥さま:「もともと輸入住宅が好きだったの?」と聞かれるのですが、実はそういうわけでもないんです。
子どもの頃から素敵なお家への憧れがあって、よく家やインテリアの雑誌を見ていましたが、特に輸入住宅が好きだと意識したことはありませんでしたね。
でも、いざ家を建てることになり色々なところをまわり始めると、普通のハウスメーカーでは「こんなことがしたい」と思ってもやれないことが多かったんです。
私が憧れていたのはサーキュラー階段と吹き抜けのある家。
それを基本プランで実現できるのはセルコホームだけでした。
また、ネットや雑誌から集めた部屋の写真やイメージを伝えると「いいですね」と言ってもらえて……。
やりたいことを追求したらセルコホームに辿り着いた、という感じです。

旦那さま:家のデザインは妻に任せていましたが、僕が気になったのは耐震性や断熱性などの機能面。
でも、耐久性に優れた2×6工法を採用すること、そして何より東日本大震災で壊滅的な被害を受けた地域でも倒壊したり流されたりすることなく建ち続けているセルコホームの映像を見て、これなら大丈夫と確信しましたね。

010 008 005

デザインはもちろん、住みやすさや使い勝手もしっかり考えられています。

奥さま:理想の家へのこだわりが強かったぶん、色々な要望を投げかけてしまったのですが、次々と提案を出してくれて助かりました。
もっと外観にインパクトが欲しいと相談したら「バルコニーの代わりに大きな窓と半円型の窓を設置してみては?」という提案をいただいたんです。
もともと洗濯は部屋干し派だったので思い切ってバルコニーを無くし、室内干しができるよう収納式のワイヤーをつけてもらいました。
南側に面したこの窓は全体の良いアクセントになっていて私のお気に入りです。
また、輸入キッチンもシンクが広くて使い勝手がいいですね。
パントリーやアーチ型のレンジラックも海外っぽさを出しているなと。

旦那さま:ただ、輸入住宅とはいえやはり和室は欲しかったんです。
それで1階に畳敷きの部屋をつくることにしたのですが全体との調和を崩したくなくて、どんな部屋にしたら良いか悩みましたね。

奥さま:私は照明にもこだわりがあってダイニングや吹き抜けにシャンデリアをつけることは決めていたんです。
でも、和室もシャンデリアで統一させたく。そこで部屋全体は洋室のつくりにして、床だけ畳敷きにしたんです。
畳も縁のないものを使用したので、シャンデリアも違和感なく馴染みましたね。

009 002

思いっきり楽しめた家づくり。これからはここでの暮らしが楽しみです。

奥さま:私がいちばん迷ったのはクロスの色でした。
グレーを使いたかったのですが、見本ではどうしても暗く見えてしまって。
でも、実際に貼るとちょうど良い色合いでしたね。
寝室にはもうワントーン暗いグレーを使い、クローゼットの中だけストライプ柄のクロスを貼りました。
他にもモリスのクロスをワンポイントで使ったり、子ども部屋のクローゼットの中には可愛い絵柄のクロスを貼ったり、クロス選びは楽しかったですね。
他にもカーテンはちょっと工夫してレースを2枚重ねにしたものを作るなど、本当に細かいところまで楽しみながらこだわることができました。

旦那さま:正直、初めはこんな家で落ち着いて暮らせるのかなと思っていたんです。
でも、実際に住みはじめてみるととても居心地が良いんです。
話に聞いていた通り断熱性も優れていて、想像以上の快適さに驚かされました。
外構工事の都合でまだエアコンを取り付けていなかったのですが、寒さの厳しい2月もファンヒーター1台で暖かく過ごせました。
吹き抜けになっているため1階でファンヒーターをつければ、2階までしっかり暖かくなるんです。
これから暑くなる季節ですが、夏がどれくらい涼しく過ごせるか楽しみですね。

003 004

お客様の声一覧へ戻る