MENU

家づくりのコラム

column03

Vol.3

住宅ローンの金利の話

お家を購入される方のほとんどが住宅ローンを組むことになります。
多くの銀行、様々な金利タイプがあるなかで例えば毎月支払う返済額が同じでも、住宅ローンの選び方で総支払利息は違ってきます。
最長35年という長い期間払うものだからこそ、基本を押さえてしっかり選びましょう。

金利タイプには3つのパターンがあります。
「固定型」 返済期間中の金利が全期間決まっている。(フラット35など) 
「固定期間選択型」 2年、5年、10年などの期間を選び、その期間だけ金利が固定。
「変動型」 世の中の動きに合わせて金利が定期的に変動する。

ではそれぞれの特徴や注意点をご説明。

固定型
フラット35が代表的ですが、金利が変わることなく当初設定した金利が完済時まで続きます。毎月の返済額が変わることがない為、将来にわたっての返済計画が立てやすいことが大きなメリット。ライフプランニングなどを提案するファイナンシャルプランナーの方もお勧めする商品です。
注意点として、変動金利に比べると高めに設定されている為、もしもずっと低金利が続けば、変動金利より返済額は多くなります。

固定期間選択型
固定型と変動型の中間的なタイプで、金利もそうなっています。
銀行によって決められた年数を選びますが、期間が短いものほど低金利です。
更に返済期間中、繰上げ返済の見込みがあれば有利となります。
注意点は固定期間終了後、金利が大幅アップになると返済額も大きくなります。

変動型
社会情勢や景気に合わせて金利が変動します。ルールとして半年に一度見直されます。メリットは何より低金利であること。どの商品よりも金利が低く設定されています。低額のローンの場合などは変動に設定して無理のない支払額を払いつつ、繰上げ返済でドカンと完済。といった方法もお勧めです。
注意点は半年に一度金利が見直されますが、もし金利が上昇したとしても当初5年は返済額が変わりません。
金利が上がると利息の割合も増えローン残高の減りが遅くなります。
どのタイプにもメリット・デメリットがあり、正解、不正解はありません。
固定であれば、今は過去最低の金利でとても魅力的です。
変動も、元々が安く地方銀行では10年も金利が変わっていない銀行もあります。
しかし、どちらもずっと低金利が続くわけもありません。
ちなみに、2015年の民間住宅ローン利用者の実態調査によるとそれぞれの利用割合は固定型が36%、固定期間選択型が25.3%、変動型が38.7%と期間選択型を除いてほぼ固定と変動の割合が同じです。

それぞれの特徴を理解し、自身にあったタイプを選び無理なく返していける計画性が重要ですね。